「すべては”為される”というのに 、一体何をそんなに心配してるんだね?」

「すべては”為される”というのに 、一体何をそんなに心配してるんだね?」

※3月26日(日)執筆の記事です。
こんにちは。亀井弘喜です。

久しぶりにスカッと晴れた鹿児島の朝です。昨日はセンターピースというセミナーを5時間開催してきました。

みんな本当に熱心に参加してくれていて、そして毎月の変化や成長を報告してくれて嬉しい気持ちでいっぱいになります。

今日もこの後、10時から3時間のセミナーです。

メルマガを書いて、セミナーをして、ご飯食べて、寝る。

そんな毎日を送っているなんて東京に住んでいた頃は考えもしていませんでした。

昨日のメルマガにも数名の方から感想をいただきました。

本当にありがとうございます。5月12日まで続けると決めた毎日メルマガマラソン。

ここまでとても順調に進んでいます。

□■□―――――――――――――
“真実の世界はいつも優しい”
人生にスピリチュアルを取り入れるとなぜ結果が出るのか?
〜ビジネス・スピリチュアルの教科書〜

◉今日のテーマ:
「すべては”為される”というのに 、一体何をそんなに心配してるんだね?」

□■□―――――――――――――

1年前の2月のことです。

僕はインドの端にあるアーユルヴェーダの施設に入り施術を受けていました。

当時、僕が経営するヨガスタジオはリニューアルオープンしたばかりでまだ利益が出るにはほど遠い状態でした。

資金繰りにいつも四苦八苦していた僕は心身ともに弱っていました。

そんな状態で、とても有名な先生が脈診をしてくれたのです。

◆◇◆◇

「君はとても心配のエネルギーが強い。何か心配なことはありますか?」

先生が深刻そうに質問してきます。

僕は同じく深刻そうにこう返しました。

「経営しているヨガスタジオがなかなかうまくいかなくて。資金繰りのことや集客のことでいつも頭を悩ませているんです。」

◆◇◆◇

先生はパッと明るい表情になってこう言いました。

先生:「過去の歴史上の人物で、最も世界を思い通りにしたのは、誰だと思うかね?」

僕:「え?…。誰でしょうか。わかりません。」

先生:「アレキサンダー大王という人物だよ。彼は世界の半分以上を支配することに成功したんだ。

 そんな彼が亡くなる直前に発した有名な言葉があるんだ。」

僕「はい。それは何ですか?」

先生:「“なんてことだ!自分が世界を征服してきたと思っていたけど、すべては為されていたなんて!”と言ったのだよ。」

僕:「はあ。」

先生:「世界で最も思い通りに生きた人ですら結局すべては”為されていた”というのに、君は一体何を思い通りにしようとしているんだい?

 せっかくヨガの道に進んだのだから、“為されるがまま”に生きていきなさい。

僕:「(感動)…。」

先生:「最近ヨガはしていますか?」

僕:「いや、忙しくて全然できていないです。」

先生:「君はヨガをしている限り、大丈夫だよ。スタジオ経営も必ずうまくいくからヨガを続けなさい。」

 僕:「はい。わかりました!」

◆◇◆◇

すべては為されるというのに、一体君は何をそんなに心配しているのかね?

◆◇◆◇

今でも何か心配なことが生まれる度に思い出す言葉です。

あなたももし何か心配なことが浮かんだとき、思い出してみてくださいね。

★ーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでくださってありがとうございました。

このメルマガが少しでもあなたの人生のお役に立てたら嬉しく思います。

今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

亀井弘喜

◉イベントのお申込はこちら

◉【残席6名】5月12〜14日(金〜日) 奄美大島リトリート第1期 

◉4月12日(水) 鹿児島夢塾第7回「辛い別れを乗り越えるための3つの方法」

◉【残席1名】【4月16・17・18日(日・月・火) シータヒーリング基礎DNAコース第9期 in 鹿児島】

◉【残席4名】【5月19・20・21日(金・土・日) シータヒーリング基礎DNAコース第10期 in 鹿児島】

□■□―――――――――――――
<個人セッションのご案内>
60分:12,000円(税込)
詳細・お申し込みはこちら
□■□―――――――――――――
当ブログはメールマガジン
「ビジネス・スピリチュアルの教科書」

を転載したものです。
内容に関してはシェア・引用自由です。
お知り合いの方にもどうぞお気軽に転送ください。

メールマガジンの配信を
ご希望の方は以下フォームよりご登録ください。

“真実の世界はいつも優しい” 
人生にスピリチュアルを取り入れると
なぜ結果が出るのか?
〜ビジネス・スピリチュアルの教科書〜
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)