加害者も被害者もいない地球

加害者も被害者もいない地球

※4月15日(土)執筆の記事です。
こんにちは。亀井弘喜です。

今日は気づいたらメルマガを書くのが夜になりました。

日中は、「片付け」の日でした。神棚や仏壇を改めて設置して、とてもすっきりしました。

暮らしている部屋の明かりを追加しました。今までの3倍くらい明るくなりました。

僕の人生の「今ここ」はこの部屋の照明と同じくらい、光輝いています。

そしてその「今ここ」からこのメルマガを書いています。

博多でのセンターピース1日集中講座の日、実は午前中に夢塾も企画しています。博多でのオープンセミナーは、2013年7月以来ですから、4年ぶりくらいになります。

テーマは鹿児島夢塾で最も好評だった「直感とつながる3つの方法」です。気になった方、お気軽にお申し込みくださいね。

5月7日(日)10:30〜13:00 博多夢塾第1回「直感とつながる3つの方法」

□■□―――――――――――――
“真実の世界はいつも優しい”
人生にスピリチュアルを取り入れるとなぜ結果が出るのか?

〜ビジネス・スピリチュアルの教科書〜
◉今日のテーマ:
「加害者も被害者もいない地球
□■□―――――――――――――

人生には、2種類のエネルギーがあります。

“ゆるし(許し)”

“とがめ(咎め)”です。

どちらが人生を豊かなものにするかは言わなくても明らかです。

ゆるしとともにあるとき人生は開かれ、豊かになり、とがめとともにあるとき人生は閉じ、苦しくなっていきます。

ゆるす相手もとがめる相手も同じです。自分か、他人です。

◆◇◆◇

ゆるし、にも2種類あると、何かの本で読んだことがあります。

表面的なゆるしと根源的なゆるしです。

表面的なゆるしとは、「相手(や自分)に罪があった」という前提に立った上で「それをゆるす」ということ。

根源的なゆるしとは、「相手(や自分)に罪などなかった」という前提に立つことそのもの。

罪悪感、という感情は「罪があった」という前提に立ったものであることがわかります。

罪、というのは一体誰が決めるのでしょうか。

裁判所なのか、法律なのか。

色んな捉え方ができるのでしょうけど、きっとそれは、「罪」を設定したい人、ということに尽きるのだと思います。

では、どんな人が「罪」を設定したいのでしょうか。

僕にはわかりません。

でも例えばワイドショーやニュースを見ると、「罪」の存在が確かなもののように思えてきます。

「誰に」「どんな」罪があるのか。あったのか。

そして、それに合わせて「誰が加害者で犯人なのか」「誰が被害者で犠牲者なのか」という軸も生じてくるのです。

加害者とか被害者が生まれると、そこには、「償い」とか「報復」とかそういうものが生まれてきます。

いずれも、今この瞬間には存在しない性質のものです。

じゃあすべての犯罪をゆるせというのか。

そんな声が自分の内側から聞こえてきましたが、そういうことではありません。

そうじゃなくて、想像してみたいのです。

誰も加害者じゃない世界。

誰も被害者じゃない世界。

罪など最初から最後まで存在しなかった世界。

罪が存在しないから、償いも報復も存在しない世界。

罪が存在しないから、傷が存在しない世界。

誰かを傷つける、とか誰かに傷つけられる、とかそういうことのない世界。

そんな世界って、この地球上に存在したことがあったのでしょうか。

もしあったとしたら、タイムスリップして見てみたいんです。

地球ってもっと本当は素晴らしい場所だったんじゃないかなって。

僕が今、生きているのは、そういう素晴らしい場所なんだよってことを表現するためのように感じています。

それは使命感とか、そういう立派なものではなくて、いや立派でもいいんですけど、どっちでもよくて、とにかく「見てみたい」んです。

誰も加害者じゃない世界。

誰も被害者じゃない世界。

罪など最初から最後まで存在しなかった世界。

罪が存在しないから、償いも報復も存在しない世界。

罪が存在しないから、傷が存在しない世界。

誰かを傷つける、とか誰かに傷つけられる、とかそういうことのない世界。

この地球上でそんなことを望むのは絵空事なのでしょうか。

38歳にもなって、そんなことを望むのは幼稚なのでしょうか。

僕にはわかりません。

でも見てみたい。

見るためには、自分の世界をまずそうすること。

自分を加害者でもなく被害者でもなく、罪を犯したものでもなく、犯されたものでもなく、傷つけたものでもなく、傷つけられたものでもなく、祝福された存在そのものとして見なすこと。

なんでこんな壮大なことを書き始めたのか自分でもよくわからないのですが、手がよく動きました。

素晴らしい地球を見てみたい。

素晴らしい世界を見てみたい。

そのために、素晴らしい自分自身になるのです。

僕の世界から加害者と被害者と罪と償いと報復を消し去るのです。

「今ここ」に存在可能なのは、真実という名の愛のみです。

メルマガを読んだ後、3秒でいいので「今ここ」を感じてみてください。

そして真実とともに生きましょう。

愛とともに生きましょう。

僕は愛ある意識そのものです。

あなたも愛ある意識そのものです。

★ーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでくださってありがとうございました。

このメルマガが少しでもあなたの人生のお役に立てたら嬉しく思います。

今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

亀井弘喜

□■□―――――――――――――
◉イベントのご案内

【残席6名】5月12〜14日(金〜日) 奄美大島リトリート第1期 

【残席4名】【5月19・20・21日(金・土・日) シータヒーリング基礎DNAコース第10期 in 鹿児島】

□■□―――――――――――――
<個人セッションのご案内>
60分:12,000円(税込)
詳細・お申し込みはこちら
□■□―――――――――――――
当ブログはメールマガジン
「ビジネス・スピリチュアルの教科書」

を転載したものです。
内容に関してはシェア・引用自由です。
お知り合いの方にもどうぞお気軽に転送ください。

メールマガジンの配信を
ご希望の方は以下フォームよりご登録ください。

“真実の世界はいつも優しい” 
人生にスピリチュアルを取り入れると
なぜ結果が出るのか?
〜ビジネス・スピリチュアルの教科書〜
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)