毎日ブログを更新できない理由

※4月28日(金)執筆の記事です。
こんにちは。亀井弘喜です。 

今日の鹿児島は暑いといってもいいくらいの好天でした。今日は何か1つの節目のような1日でした。夜に鹿児島ではちょっと珍しい震度3くらいの地震があったのも象徴的でした。

木曜の夜に卓球に熱が入りすぎて小指の足の皮がめくれあがり(笑)ここ2日は走ることもヨガもできていません…。

それでもなんとかゴルフの打ちっ放しを1日15分やることだけは続けているのですが、やっぱり今の自分にとっては朝のランニングと1日1クラスヨガを受けることが調子のバロメーターのようです。(また明日から再開します)

□■□―――――――――――――
“真実の世界はいつも優しい”
人生にスピリチュアルを取り入れるとなぜ結果が出るのか?
〜ビジネス・スピリチュアルの教科書〜

◉今日のテーマ:
「毎日ブログを更新できない理由」
□■□―――――――――――――

昨日第二回目だった起業塾、「かさこ塾」。

講師のかさこさんという方はとても面白い人で、且つ本質的なことを話す人です。

卓球のときは子どもみたいにはしゃぐのですが(笑)

講座の最中は極めて真面目です。

2時間のあっという間だった講義の中で「ブログを毎日更新できない理由」というテーマがありました。

かさこさん曰く、たくさんの塾生を見てきて、ブログを毎日更新できない人にはある思考パターンがあるというのです。

その思考パターンというのが「完璧主義」です。別名、「100点主義」とも言えます。

100点のブログが書けたら公開しよう。

中途半端な内容で公開してはいけない。

そんな思考パターンがブログを書くことを滞らせてしまいます。

そんなときはどうしたらいいか?

かさこさんが言うには「60点主義」がいいそうです。

100点のものを1週間に1記事書くよりは60点の記事を毎日書いた方がいい。

その方が、書く力もつくし、読者にとっても読みやすいというのです。

この感覚、とても共感しました。

僕も毎日メルマガを書く最初の体験だった2015年末〜2016年初頭にかけて、「100点主義」に苦しんだことがありました。

そして今年の2月から再開した毎日メルマガ。やはりいつもの「100点主義」な自分が出てきます。

100点主義の自分はいつも自分に厳しくて、そいつに自分を乗っ取られてしまうとそもそも書くエネルギーが湧いてこなくなってしまうのです。

昨日、今日の僕がそんな感じでした。

いいこと書かなきゃ、役に立つこと書かなきゃ、そんな風に囚われているうちにあっという間に1日は過ぎていくのです。

◇◆◇◆

それでも僕にはいつも、「書こう!」という意欲があがってくる原動力があります。

それが読者の方1人1人のお名前なのです。

僕のメルマガ読者は現在増えて558名(!)になりました。

未だに半分以上の方が面識のある顔見知りです。

そしてどなたが開いてくださっているかもわかるようになっているため、書くことで、旧友たちとの再会や交流を果たしているかのような感覚になるのです。

◇◆◇◆

毎日メルマガマラソンもあと2週間でゴールとなります。

ここまで毎日休まずに書いてきた自分を心からねぎらってあげたいと思います。

そして同時に読んでくださったあなたにも心からのねぎらいを送ります。

いつも最後まで読んでくださって、本当に本当にありがとうございます。

 

★ーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでくださってありがとうございました。

このメルマガが少しでもあなたの人生のお役に立てたら嬉しく思います。

今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

亀井弘喜

<センターピース博多1期 日程開催予定>
6月4日(日)10:00〜18:00
7月2日(日)10:00〜18:00
8月6日(日)10:00〜18:00
9月3日(日)10:00〜18:00
10月8日(日)10:00〜18:00
11月5日(日)10:00〜18:00

【残席4名】【5月19・20・21日(金・土・日) シータヒーリング基礎DNAコース第10期 in 鹿児島】

□■□―――――――――――――
<個人セッションのご案内>
60分:12,000円(税込)
詳細・お申し込みはこちら
□■□―――――――――――――
当ブログはメールマガジン
「ビジネス・スピリチュアルの教科書」

 

を転載したものです。
内容に関してはシェア・引用自由です。
お知り合いの方にもどうぞお気軽に転送ください。

メールマガジンの配信を
ご希望の方は以下フォームよりご登録ください。

“真実の世界はいつも優しい” 
人生にスピリチュアルを取り入れると
なぜ結果が出るのか?
〜ビジネス・スピリチュアルの教科書〜
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)