「自分を否定することに疲れました」

「自分を否定することに疲れました」

※8月14日(月)執筆の記事です。
こんにちは。亀井弘喜です。木曜日以来のメルマガとなりました。いかがお過ごしでしょうか?

僕は最近ハマっているゴルフの全米プロの中継を4日間、深夜に見続けて寝不足です(笑)。

松山選手が優勝まで本当にあと少しのところでしたね。

今年のメジャートーナメントはこれで終了。また来年を楽しみにしたいと思います。

◇◇◇

さて、1つご案内です。9月10日(日)を皮切りに始まる半年間のライフコーチングを教える講座を開講します。

すでにセンターピース参加者の方から参加のお申込をいただいており、今回は少人数で開催予定なので、積極的に募集をかけるつもりはないのですが、あと2〜3名入れますので興味のある方はお問い合わせ・お申込くださいね。

ライフコーチマスター講座 鹿児島14期(2017年9月〜2018年3月)

□■□―――――――――――――
“真実の世界はいつも優しい”
人生にスピリチュアルを取り入れるとなぜ結果が出るのか?
〜ビジネス・スピリチュアルの教科書〜
「学び疲れずに学ぶ方法」
□■□―――――――――――――

 

さて、だいぶ時間が経ってしまいましたが、学び疲れずに学ぶ方法。

それはとてもシンプルなことでした。

「今の自分を肯定しながら学ぶ」

ことなのです。

もう一度書きますね。

「今の自分を肯定しながら学ぶ」

◆◇◆◇

実はほとんどの人が無意識に「今の自分を否定しながら学ぶ」ことをしています。

僕もそうでした。

それまでの自分が苦しかったこともあって、それまでの自分は間違っていた、と否定しその上で学んでいたのです。

これだと、劇的な感じで学べるメリットがあるのですが、デメリットとして学び疲れが起きてきます。

車でいえば、アクセルとブレーキを両方踏んで前に進もうとするようなものです。

僕が教えている人間心理学「センターピース」ではまずブレーキを外すことを教えています。

つまり、「今の自分を肯定する」(今の自分を◯として見る)のです。

どうやって?

ということについては非常に深いテーマなので今回は割愛しますが、

「学びはもういいです」

という発言をする裏にある思いとは、

「自分を否定することに疲れました」

というものな可能性があるのです。

その証拠事例の1つとして最近の僕は自分を肯定しながら学ぶようになったおかげで、学びの意欲が全く減りません。

それどころか学べば学ぶほどうまくいくことがわかるし、学びに出かけることで、新しい仲間や友人とも出会えるのです。

これを読んでくださっているあなたにも是非自分を肯定した上で学んで欲しいと思ってシェアしました。

◆◇◆◇

最後まで読んでくださってありがとうございました。

今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

亀井弘喜

◇ーーーーーーーーーーーーーー◇
<人間心理学センターピース個人説明会のご案内>
90分:12,000円(税込)

<直近1週間の空き枠>
8/15(火) 空きなし
8/16(水) 20:00〜22:00
8/17(木) 15:30〜17:00
8/18(金) 10:30〜12:00、18:30〜20:00
8/19(土) 10:30〜12:00、14:00〜15:30、18:30〜20:00
8/20(日) 18:00〜19:30
8/21(月) 10:30〜12:00、16:30〜18:00、20:30〜22:00
お申し込み希望の方はこちらからお申込登録をお願います。

◇ーーーーーーーーーーーーーー◇
<夢塾>
8月27日(日) 鹿児島夢塾特別講座「Web集客のプロが教える “個人事業主・店舗経営者のためのWeb集客講座”」

<センターピース1日集中講座>
【8月23日(水)11:00〜 センターピース1日集中講座】
【8月26日(土)11:00〜 センターピース1日集中講座】  

<ライフコーチマスター講座>
ライフコーチマスター講座 鹿児島14期(2017年9月〜2018年3月)

<シータヒーリング講座 in 阿蘇>
◉10/27〜29(金・土・日)
※詳細決まりましたらご案内します

<奄美リトリート第2期>
◉11/17〜19(金・土・日)
※詳細決まりましたらご案内します 

□■□―――――――――――――
当ブログはメールマガジン
「ビジネス・スピリチュアルの教科書」を転載したものです。
内容に関してはシェア・引用自由です。お知り合いの方にもどうぞお気軽に転送ください。
メールマガジンの配信をご希望の方は以下フォームよりご登録ください。  
“真実の世界はいつも優しい” 
人生にスピリチュアルを取り入れると
なぜ結果が出るのか?
〜ビジネス・スピリチュアルの教科書〜
読者登録フォーム

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 HTMLメール
 文字メール

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)