怒りは役に立つ

怒りは役に立つ

※9月22日(金)執筆の記事です。
こんにちは。亀井弘喜です。
実家の仙台で朝を迎えています。

昨日は那須でのライフコーチマスター講座3日目を終えました。

途中滝に立ち寄ったり、素晴らしい門構えと内装の蕎麦屋さんに立ち寄ったり、

接客から雰囲気まで最高のカフェで最後の講義をしたりと、

僕自身も癒された3日間でした。

今日、明日は実家の仙台で父・義母とのんびりゴルフを楽しんできます。

□■□—————————————
“真実の世界はいつも優しい”
ビジネスとスピリチュアルを両立するための心理学講座
「怒りは役に立つ」
□■□—————————————

人間関係で問題を抱えているとき、多くの場合、その裏には「感情」が潜んでいます。

例えば、僕は怒ることが苦手でした。幼少期から怒る父を見てきて、
怒ること自体を否定していました。

「冷静な自分」の立場を取るようになり、自分は怒っていないと思っていました。

でも実際は内側でいつも怒っていました。

小さなことでもイラついて、大きなことではとても怒っていました。

でも父のようには怒らない、と決めていたし、怒りは悪いことだと思っていたので、

「え?怒ってないけど何か?」

と怒りながら思っていたのです(笑)。

◇◇◇

これは昨日、講座中にクライアントとのやり取りの中で気づいた僕自身のパターンです。

ずっと内側で怒りを否定していた僕は26歳の時うつ病と診断されました。

怒りを溜め込んだ結果です。

上司が望むように対応してくれなくて、僕はいつも怒っていました。

不満を持っていました。

でも怒ることを否定していたため、直接その上司と関わるときは、上司の機嫌を損ねないようにいつも作った笑顔で迎合していました。

今の僕なら初日の段階で、おかしいと思ったことをおかしいと伝え、それでも改善されないなら、会社に改善要求をしていたでしょう。

それでも改善されないなら、転職するか独立をしていたでしょう。

怒りを内側に溜めて、うつになる必要なんてどこにもなかったのです。

◇◇◇

「怒りは役に立ちます」

「怒りはあなたの人生の原動力です」

「怒りをなかったことにしないでください」

今の僕が当時の自分に伝えたいメッセージです。

もしあなたも怒りをどこかに溜めていたら内側に抑圧せずに感じてみてください。

それは人生の原動力としてあなたの人生に素晴らしいギフトをもたらすでしょう。

◆◇◆◇

最後まで読んでくださってありがとうございました。

今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

亀井弘喜

 

<個人セッションのご案内>
60分:12,000円(税込)

<直近1週間の空き枠>
9/22(金) 21:00〜22:30
9/23(土) 21:00〜22:30
9/24(日) 空きなし
9/25(月) 空きなし

お申し込み希望の方はこちらからお申込登録をお願います。
□■□―――――――――――――
当メルマガは転送・引用自由です。
お知り合いの方にもどうぞお気軽に転送ください。
□■□―――――――――――――
当ブログはメールマガジン
「ビジネスとスピリチュアルの両立するための心理学」を転載したものです。
内容に関してはシェア・引用自由です。お知り合いの方にもどうぞお気軽に転送ください。
メールマガジンの配信をご希望の方は以下フォームよりご登録ください。  

“真実の世界はいつも優しい” 
人生にスピリチュアルを取り入れるとなぜ結果が出るのか?
〜ビジネスとスピリチュアルを両立するための心理学〜

読者登録フォーム 

お名前
 
メールアドレス
受信形式
 HTMLメール
 文字メール

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)