人から責められたと感じたときは

人から責められたと感じたときは

こんにちは。亀井弘喜です。

昨日、鹿児島に戻ってきました。

博多での4日連続の体験会は、どれも全く違う内容となり、充実した体験でした。

昨日の博多も極寒でしたが、今日の鹿児島もなかなか寒くて、こんな日は事務処理が捗りますね。

水・木・金とゆっくり過ごして土曜日からはまた東京・仙台出張です。

◇◇◇
人間心理学「センターピース」の東京・博多での体験会の詳細&募集ページが完成しました。
1月・2月と東京・博多で開催しますのでぜひ足をお運びください。
また友人などへの転送もぜひお願いします。

“真実の世界はいつも優しい”
ビジネス x スピリチュアル 調和への道
「人から責められたと感じたときは」

「事業融資を銀行に申込に行ったら担当者に責められている気がして、すごく嫌でした」

先日、そんな風な相談をしてきた方がいました。

僕は自分自身の全く同じ体験を思い出していました。

◇◇◇

2012年4月。

独立して鹿児島に移住しました。

そして僕には実家がある宮城県で、年商10億を超える会社を25年経営している父親がいました。

父は、僕の事業内容ややり方について一切口出しやアドバイスをしませんでした。

「せっかくの人生なんだから、好きなようにやれ」

とだけ言われていました。

そんな父が唯一当時から僕にアドバイスしてきたこと。

それが

「銀行から融資を受けられるくらいの経営者になれ」

ということでした。

僕はその意図や意味が全くわからず、

「でもそんなにお金かからないし…。」

「っていうか面倒くさそうだし…。」

とずっと先送りにしていました。

◇◇◇

これが心理学で言うところの「メンタルブロック」(否定的な思い込みから来る抵抗)でした。

僕は借金というものにもメンタルブロックがあったし

銀行や銀行員というものにもメンタルブロックがありました。

でもこの人生というのは面白くてメンタルブロックを抱えたまま生きていると

それを解放せざるを得ないような出来事が起きてくるのです。

◇◇◇

僕は数年後、ヨガスタジオを引き継いで経営することになりました。

そのときスタジオは赤字で、いつもお金はカツカツの状態でした。

いざというとき資金援助してくれていた父の会社もそんなときに限って本業が不調でこれ以上は出せない、という状態でした。

僕は背に腹を変えられず、とうとう銀行を尋ねたのです。

◇◇◇

「融資担当の方いますか?」

そう尋ねると奥のスペースに通されました。

そうしてはじめはにこやかな融資担当者が現れてきたのです。

名刺交換をして、世間話をして、いよいよ本題で融資のお願いを切り出します。

そこでは過去3年分の決算書の提出を求められます。

赤字で終えてしまっていたその決算書を見られるとき、

成績の悪いテスト結果を親に見られるときのような居心地の悪さを感じました。

何より、融資担当者の顔がどんどん険しくなっていって、

一個一個赤字の理由だったり、使った経費の内訳を質問されました。

このとき、僕は心臓がキュッとなりそうなくらい居心地が悪くて、

感覚としては、

「責められている」

というものだったのです。

◇◇◇

あれからまた数年が経ち、今では融資の担当者とはすっかり仲良しになりました。

スタバでお茶をしたり、お互いの人生の近況をシェアしたりしています。

あのときの「責められている」感覚は一体なんだったのかなと思うくらいです。

◇◇◇

「責められている」

それは結局のところ今振り返れば

「自分で自分を責めていた」

のだと思います。

赤字が続いていた会社経営。

出資してくれた父親に申し訳ない。

赤字が続いていたスタジオ経営。

お客さんやスタッフに、どんな顔をして付き合えばいいのだろう。

たくさん使ってしまった経費。

無駄遣いをし過ぎだと、見えない誰かに咎められているような気がしていました。

◇◇◇

今は違う感覚が持てるくらいまで成長しました。

決算書を提出しろと言われたら、喜んで提出できます。

それは結果がよくなったからではなく、自分で自分のことを認めるようになったからです。

赤字だったけど、自分なりによくやった。

できることは全部やってきた。

お金だって結果的に無駄遣いになることもたくさんあったけど、その瞬間はベストだと思って使ってきた。

他の人がどう思おうと、この6年間はベストを尽くしてきた。

だから胸を張って、赤字の頃の決算書も提出できるようになったのです。

◇◇◇

これって、銀行融資の話に限ったことではなく、人生全般に当てはまるのではないかと思います。

他人が何て言おうと、胸を張って、「これがベストです」と言えるかどうか。

他人からのちょっとした質問で、すぐに動揺して「責められた」と感じるとしたら、

それは自分の中にまだ自分を認めていない部分があるのです。

相手からしたら「責めている」つもりなど全くなくて、確認すべきことを確認しているだけなのです。

◇◇◇

他人から「責められた」と感じたときは。

まず自分をねぎらいましょう。

自分を認めましょう。

あなたは最善を尽くしてきて、今ここにいるのですから。

◇◆◇◆◇◆

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

亀井弘喜

<人間心理学「センターピース」開催情報>

<センターピース博多体験会>
◉日程:
 ①1月20日(土)14:00〜16:00終了
 ②1月21日(日)14:00〜16:00満席
 ③1月22日(月)18:30〜20:30終了
 ④1月23日(火)14:00〜16:00終了
 ⑤2月17日(土)14:00〜16:00
 ⑥2月18日(日)14:00〜16:00
 ⑦2月19日(月)18:30〜20:30中止
 ⑧2月20日(火)14:00〜16:90

◉場所:リファレンスリバーサイド貸会議室
 ※住所:福岡市博多区博多駅東3丁目15-16-2F
◉参加費:3,000円(税込)
◉各回参加枠:6名

詳細・お申し込みはこちら

<センターピース博多8期(日曜コース)日程>
 3/25(日)、4/22(日)、5/20(日)、
 6/17(日)、7/22(日)、8/19(日)

<センターピース博多9期(火曜コース)日程>
 3/27(火)、4/24(火)、5/23(火)、
 6/19(火)、7/25(火)、8/21(火)
 ※時間はすべて10:00〜18:00
 ※場所は体験会と同じ会場を予定

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
<センターピース東京体験会>
◉日程:
 ①1月27日(土)19:00〜21:00満席
 ②1月28日(日)19:00〜21:00残席2
 ③2月24日(土)19:00〜21:00
 ④2月25日(日)19:00〜21:00
◉場所:東京都豊島区東池袋2-62-10池袋5thビル4F
◉参加費:3,000円(税込)
◉各回参加枠:6名

詳細・お申し込みはこちら

<センターピース東京10期(日曜コース)日程>
 4/1(日)、4/29(日)、5/27(日)、
 6/24(日)、7/29(日)、8/26(日)
 ※時間はすべて10:00〜18:00
 ※場所は品川シーサイドを予定

<ライフコーチング/シータヒーリング 個人セッションのご案内>

60分:12,000円(税込)

お申し込み希望の方はこちらからお申込登録をお願います。

当メルマガは転送・引用自由です。
お知り合いの方にもどうぞお気軽に転送ください。

当ブログはメールマガジン
「ビジネスとスピリチュアルの両立するための心理学」を転載したものです。
内容に関してはシェア・引用自由です。お知り合いの方にもどうぞお気軽に転送ください。
メールマガジンの配信をご希望の方は以下フォームよりご登録ください。  

“真実の世界はいつも優しい”
ビジネス x スピリチュアル 調和への道
メルマガ読者登録フォーム 

お名前
 
メールアドレス
受信形式
 HTMLメール
 文字メール
 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)