「時間がないから」

「時間がないから」

こんにちは。亀井弘喜です。

1週間ぶりのメルマガとなりました。

東京出張がかなりエネルギーを使ってのだと思いますが、ここ数日はメルマガを書くエネルギーが上がってきませんでした。

昨日鹿児島でセンターピースの中級コースが始まりました。

参加者と久しぶりの再会、そして一緒に学ぶ時間。

僕は、そういうことが本当に人生の喜びなのだと再確認しました。

人の役に立つのが人生の喜びであり「人助けが趣味であり、ライフワーク」なのです。

もちろん僕自身もたくさん問題や困難を抱えています。

人を助けながら、同時に自分も助けられているようなそんな感覚でセミナーやセッションをしています。

“真実の世界はいつも優しい”
ビジネス x スピリチュアル 調和への道
「時間がないから」

先日のことです。
メルマガを書こうと思いました。

でも内なる自分から不安な声が聞こえてきました。

「そんな時間あるの?」

「やることもっといっぱいあるんじゃないの?」

「それは急ぎなの?」

などなど。

そして僕は

「時間がないから」

と自分に言い聞かせるようにメルマガを書こうと思ったパソコンをそっと閉じたのです。

□□□

一度その「時間がないから」と言い聞かせた魔法のような言葉はそれ以降もメルマガを書かない言い訳として使うのに十分でした。

「時間がないから」

「時間がないから」

「時間がないから」

いつから、僕は、「時間がない」と言うようになったのでしょうか。

□□□

小さい子どもの頃は時間がはたくさんありました。

無限にあったようにすら感じていました。

「時間がないから」

そう最初につぶやいたのは小学校4年生くらいだったと思います。

習い事をこれでもかというくらい詰め込んだ小さな僕は、

自由な時間がなくなったように感じて友だちと遊ぶのをやめたのです。

「時間がないから」

そうつぶやくようになってから時間はますますなくなっていくように感じられました。

□□□

似たような言葉に

「お金がないから」

というのもあります。

セミナーに行きたい。

でも

「お金がないから」

やめておく。

ハワイに行きたい。

でも

「お金がないから」

やめておく。

起業したい。

でも

「お金がないから」

やめておく。

□□□

「時間がないから」

「お金がないから」

その魔法のような現状維持の言葉にとても勝てそうにない僕は、新しい言葉を生み出しました。

「時間とお金だけはあるから」

時間とお金だけはあるから◯◯をする。

時間とお金だけはあるから◯◯をしない。

そんな言葉を使うようになってから

実際に時間は増えていったように感じているし、

実際にお金は増えていったように感じています。

「あると思えばある」

「ないと思えばない」

そんなシンプルな宇宙なのに、「ないと思う」という魔法の捉え方に人間というのは苛まれ続けてきたのです。

お金も時間も、食料も愛も。

すべて「ある」としたら人は争うのでしょうか。

お金も時間も、食料も愛も。

すべて「ある」としたらあなたは今、何をするのでしょうか。

お金も時間も、食料も愛も。

すべて「ある」としたら僕は今、メルマガを書いています。

「あると思えばある」

あなたの人生に、この新しい魔法が届きますように。

◇◆◇◆◇◆

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

亀井弘喜

<人間心理学「センターピース」開催情報>

◉博多・東京は開催終了しました。
3月・4月は鹿児島で体験会を開催予定です。
詳細決まりましたらメルマガでご案内します。

<ライフコーチング/シータヒーリング 個人セッションのご案内>

60分:12,000円(税込)

お申し込み希望の方はこちらからお申込登録をお願います。

当メルマガは転送・引用自由です。
お知り合いの方にもどうぞお気軽に転送ください。

当ブログはメールマガジン
「ビジネスとスピリチュアルの両立するための心理学」を転載したものです。
内容に関してはシェア・引用自由です。お知り合いの方にもどうぞお気軽に転送ください。
メールマガジンの配信をご希望の方は以下フォームよりご登録ください。  

“真実の世界はいつも優しい”
ビジネス x スピリチュアル 調和への道
メルマガ読者登録フォーム 

お名前
 
メールアドレス
受信形式
 HTMLメール
 文字メール
 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)