新しいことをしたいのは 飽きているだけだった

新しいことをしたいのは 飽きているだけだった

こんにちは。亀井弘喜です。

東京の品川シーサイドにあるセミナールームから書いています。

今は師匠の犬飼ターボさんのセンターピースにトレーナーとしてお手伝い参加をしている最中です。

東京木曜日の回はすごく人数が多くてとくに今日は総勢27名もいます。

意欲的に学びに来ている方々ばかりで2回目にしてみんなつながり感を感じて仲良くなっています。

“真実の世界はいつも優しい”
ビジネス x スピリチュアル 調和への道
「新しいことをしたいのは 飽きているだけだった」

昨日は鹿児島で僕が主催するセンターピースの中級コースでした。

毎回そうですが中級はとにかく気づきが深くて、参加者がよく泣きます 笑。

でもその涙は苦しみや悲しみの涙ではなく解放の涙です。

そういう場面に立ち会う度に、
この仕事をしていて良かった とか
色々体験してきた甲斐があった とか

自分が満たされるような感覚になります。

□□□

最近のセンターピースでは、人生の道のりを、「階段ルート」と「崖ルート」という2つに区別をしています。

階段ルートとは

・安心感に満ちていて、
・周囲の人とのつながり感を感じ、
・自分を認めながら

進む道のりです。

崖ルートとは

・不安に満ちていて
・周囲の人との隔絶感や拒絶感、孤独感を感じ
・自分を責めたり批判しながら

進む道のりです。

細かくいうともっとたくさんの違いがあるし、0か100かということではありません。

それでもどんな人でも「階段ルート」なときと「崖ルート」なときというのがあるのです。

□□□

階段ルートか崖ルートかの見極めをするときに、仕事はとてもわかりやすい分野です。

いわゆる「ブラック企業」に勤めていれば、そこにいる人は崖になりやすいでしょうし

ファンがたくさんいて、好きなことを仕事にして、満足できるくらい稼いでいる人がいれば自然と階段ルートになるでしょう。

ただしある程度成長してくると「階段っぽい崖」状態になることがあります。

それが「好きだったこと飽きている」状態なのです。

□□□

僕は2014年の秋頃にこの状態に陥りました。

大好きだったセンターピースやコーチングの仕事に飽き始めて

それと同時に集客も厳しくなり売上もあがらなくなり、

結果的にそのときに興味を持ったタイ古式マッサージだけを仕事としてやることを決断して、セミナーやコーチングをやめたことがありました。

もちろんそのときは、自分が階段ルートだと思っているし、新しいことをやりたくなっていることは成長や進化だと思っていました。

でも今振り返ると全く違う感覚になるのです。

僕はタイ古式マッサージは確かに好きだし得意だし上手です。

ただ、今の自分だったらセミナーやコーチングをやめることはしなかっただろうなと思うのです。

つまり

「退路を絶って始めるのが良いことだ」

という理屈をつけてセミナーやコーチングをやめたつもりになっていたのですが、

実際は無意識のうちに崖ルートになっていて、セミナーやコーチングに飽きていたのだと今になって気づいたのです。

□□□

では階段っぽい崖ルート「飽きる」の反対の概念はなんなのでしょうか?

日本語的に言えば「続けている」ということかもしれませんが、

昨日のレッスンでは違う角度から説明しました。

それが

「改善したい」という欲求が出ている状態ということでした。

□□□

僕は今、自分のセミナーやコーチングを改善したい意欲に満ち溢れています。

ヨガスタジオの経営にしてもそうで、ゆえにハード面もソフト面もたくさんの改善のアイディアを出して実行している最中です。

新しいビジネスを始めたい、という欲求はほとんどなくて今やっていることが素晴らしくて喜びに満ち溢れているので

それを改善したいのです。

□□□

改善すると、お客さんは喜んでくれます。

そして改善のアイディアを出したり改善の行動を取っているとき、自分も充実しています。

□□□

なんでもかんでも改善しなければいけないわけではありません。

ただ、改善欲求がどのくらい出ているかというのは

どのくらい階段ルートを歩めているかの1つの指標になるのです。

恋愛やパートナーシップに例えれば次々と新しい人を好きになるのは階段っぽい崖の可能性が高いでしょう。

そうではなくて今の恋愛相手やパートナーとの関係を改善したいという欲求に満ちていればそれは階段ルートな可能性が高いでしょう。

□□□

そんな風にして見てみると今の自分の状態もよくわかるしどうしていけばいいのかも見えてきます。

階段ルートと崖ルートという人生の歩み方のものさしができることで

よりスピーディに人生をよりよくしていくことができるのです。

階段ルートと崖ルートについて半年間かけて学び、

無意識レベルで階段ルートへシフトしていく講座がセンターピースです。

鹿児島での初級は土曜日コースが今週5月12日からスタートします。

水曜日コースが来週5月16日からスタートします。

まだ残枠がありますので興味のある方は個別にご説明させていただきますので当メールにお気軽に返信してくださいね。

□□□

僕が階段ルートの存在を知ったのは2011年のことでした。

それ以前とそれ以降では人生がまるっきり変わりました。

僕と同じように階段ルートにシフトし、人生を楽しく過ごす仲間をたくさん作っていきたいなと感じた1日でした。

◇◆◇◆◇◆

今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

素晴らしい1日をお過ごしください。

亀井弘喜

<人間心理学「センターピース」開催情報>

※年内の新規募集は終了しました

◉詳細はこちらから

<ライフコーチング/シータヒーリング 個人セッションのご案内>

60分:12,000円(税込)

お申し込み希望の方はこちらからお申込登録をお願います。

当メルマガは転送・引用自由です。
お知り合いの方にもどうぞお気軽に転送ください。

当ブログはメールマガジン
「ビジネスとスピリチュアルの両立するための心理学」を転載したものです。
内容に関してはシェア・引用自由です。お知り合いの方にもどうぞお気軽に転送ください。
メールマガジンの配信をご希望の方は以下フォームよりご登録ください。  

“真実の世界はいつも優しい”
ビジネス x スピリチュアル 調和への道
メルマガ読者登録フォーム 

お名前
 
メールアドレス
受信形式
 HTMLメール
 文字メール
 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)