不倫の恋愛で手に入らないもの

不倫の恋愛で手に入らないもの

こんにちは。亀井弘喜です。

前回のメルマガに返信いただいた方、ありがとうございました。

全ての方にお1人ずつ直接の返信はできないのですが、

ヒントになるようなメッセージを今後のメルマガで配信していきますね。

“真実の世界はいつも優しい”
ビジネス x スピリチュアル 調和への道
「不倫の恋愛で手に入らないもの」

昨日は個人セッションを1件しました。

最近の相談パターンで多いのが恋愛に関することで、とくに不倫に関するものです。

不倫の恋愛というのは一般的には「ダメなこと」「悪いこと」とされていますが、僕にはそのような判断はありません。

過去に自分自身も体験したことがあるし、そうせざるを得ない状況だったり、その体験から学べることがたくさんあることを知っているからです。

□□□

コーチングというのはアドバイスをするものではありませんし、

コーチの価値判断を押し付けるようなものでもありません。

それでも僕は必要としている人に伝えている1つのメッセージがあります。

それが、

「不倫の恋愛で手に入らないもの」

についてです。

□□□

そもそも不倫であろうがなかろうが、パートナーシップというのは人生全体に影響を与えています。

僕が教えているセンターピース(開発者:犬飼ターボさん)では、

マズローの5段階欲求に沿って健全な欲求を満たしていくことを「階段ルート」のあり方として定義しています。

5段階欲求とは下から

1、生存欲求
2、安全・安心欲求
3、社会的欲求
4、承認欲求
5、実現欲求

です。

パートナーシップは、

1、SEXやスキンシップ

2、お金や生活の共有、お互いがいることで人生の安心度が高まる

3、恋愛相手や配偶者というのは社会的な関係性でもあること

4、パートナー同士で認め合うこと

5、パートナー同士で何かを実現すること(家の購入や子育てなど)

という風にすべてに関わっているが故に、大切なテーマなのです。

□□□

僕は不倫の恋愛を否定しません。
ですが、あまりおすすめもしない理由として

2、安全・安心欲求が満たされない

というものがあります。

□□□

今の日本の一般常識の中では、不倫をしていることを堂々と親や友人に言える人は少ないでしょう。

また言えたとしても、否定や反対が返って来る確率はかなり高いと思われます。

ということは本来は誰に隠す必要もない恋愛に関することを隠さなければならない状況になるのです。(しかも安心の源である親に)

そしてその「隠す」輪というのは仕事場だったりSNS上だったりとにかく広がっていってしまいます。

隠すのは不倫相手の側も同じです。

不倫相手も家族や友人や職場でバレないように「隠す」必要が生じます。

そのような隠し合った状態の恋愛にもスリルのような、それならではのメリットもあるでしょう。

それでも手に入らないもの。

それが

「本当の安心感」

なのです。

□□□

安心から始めること。

これが、人生のどんな分野でも当てはまる原理原則です。

不倫の恋愛は、この原則に反するため多くの人が苦しんでしまうのでしょう。

不倫をする人が悪いという意味ではなく、構造的に安心できない = 満たされない状態だということなのです。

□□□

まだまだ世の中は善い悪いで裁くのが標準です。

日大のアメフト部の問題や、TOKIOの山口さんの問題や、

最近は見なくなりましたけど芸能人の不倫ニュースまで。

問題を「人」に押し付けたり、誰かを悪者にして解決するのではなく、「仕組み」「構造」レベルで見ていくこと。

そして人生の大切な分野で、自分自身の安心感が満たされる「仕組み」や「構造」を用意してあげることが幸せになるための第一歩なのです。

◇◆◇◆◇◆

今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

素晴らしい1日をお過ごしください。

亀井弘喜

<人間心理学「センターピース」開催情報>

※年内の新規募集は終了しました

◉詳細はこちらから

<ライフコーチング/シータヒーリング 個人セッションのご案内>

60分:12,000円(税込)

お申し込み希望の方はこちらからお申込登録をお願います。

当メルマガは転送・引用自由です。
お知り合いの方にもどうぞお気軽に転送ください。

当ブログはメールマガジン
「ビジネスとスピリチュアルの両立するための心理学」を転載したものです。
内容に関してはシェア・引用自由です。お知り合いの方にもどうぞお気軽に転送ください。
メールマガジンの配信をご希望の方は以下フォームよりご登録ください。  

“真実の世界はいつも優しい”
ビジネス x スピリチュアル 調和への道
メルマガ読者登録フォーム 

お名前
 
メールアドレス
受信形式
 HTMLメール
 文字メール
 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)