8年前、ワールドカップの敗戦とともに終えた母の命

8年前、ワールドカップの敗戦とともに終えた母の命

こんにちは。亀井弘喜です。

今週は曇りと雨を繰り返している鹿児島です。

昨日(6/19(火))は日本ーコロンビアのW杯の試合を観戦していました。

感動的な勝利でしたね。
そのことで思い出したことを今日は書いてみたいと思います。

□■□—————————————

センターピース体験会のご案内(東京平日コース)

“真実の世界はいつも優しい”
ビジネス x スピリチュアル 調和への道
「8年前、ワールドカップの敗戦とともに終えた母の命」

僕がワールドカップと聞いてすぐに思い出すのは、2010年6月30日のことです。

南アフリカW杯で、日本は飛躍的な躍進を続けていました。

そして6月30日に決勝トーナメント1回戦で負けたのです。

あの日も雨でした。

***

その日が母の命日となりました。

2010年5月頭に緊急入院し、脳のがんである脳腫瘍が見つかり、末期であり助からないと言われた母。

当時まだ59歳でした。

6月に入って、奇跡的な治癒を見せてこれならいけるかもしれない、とお医者さんも家族も沸き立ちました。

それは同時に日本代表がW杯で奇跡を起こしていたのとリンクしていました。

***

6月30日の3日前、27日に母は一時退院していた自宅で倒れました。

今度は脳梗塞を起こしており右半身不随の状態となりました。

意識もあるのかないのかわからず、僕のことすら認識しなくなったあの瞬間を、僕は忘れることができません。

***

6月30日の早朝、日本はW杯で負けました。

そのあと数時間して、病院から今すぐ来るように家族全員が呼ばれました。

静かに母は息を引き取りました。

W杯とともに、母の人生の命が終えたように感じられた瞬間でした。

***

不思議なことに、あのときすぐには泣けませんでした。

今ならわかります。

僕は感情が麻痺していたのです。

淡々と死を見届け、
淡々と通夜とお葬式が始まり、
淡々とお骨を拾っていました。

それでも東京に戻って会社員として仕事を続けていました。

***

泣けなくて泣けなくて枯れたような毎日を過ごしていました。

1〜2ヶ月経ったある日、会社からの帰り道、ふと母の作った唐揚げを思い出しました。

大好きだった母の唐揚げ。

あれがもう食べれないのかと思うとふと急に悲しさがこみ上げてきました。

東京は神楽坂の道端で、声をあげて泣きました。

僕が僕の感情とつながった瞬間でした。

***

命とは何なのか。

あまり誰も教えてくれないテーマです。

そのことを知りたくて、僕はのちにヨガの世界と出会いました。

スピリチュアルな世界とも出会いました。

僕なりの答えも見つかりました。

母の唐揚げはもう食べることはできないけれど、母の愛は僕の中に変わらずあることにも気づきました。

命は続いていくのです。

リレー競走のバトンが命であり、走者はそれをつなぐ人間たち。

僕は母から受け継いだバトンを手に今日もメルマガを書いています。

◇◆◇◆◇◆

今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

素晴らしい1日をお過ごしください。

亀井弘喜

<人間心理学「センターピース」開催情報>

※年内の新規募集は終了しました

◉詳細はこちらから

<ライフコーチング/シータヒーリング 個人セッションのご案内>

60分:12,000円(税込)

お申し込み希望の方はこちらからお申込登録をお願います。

当メルマガは転送・引用自由です。
お知り合いの方にもどうぞお気軽に転送ください。

当ブログはメールマガジン
「ビジネスとスピリチュアルの両立するための心理学」を転載したものです。
内容に関してはシェア・引用自由です。お知り合いの方にもどうぞお気軽に転送ください。
メールマガジンの配信をご希望の方は以下フォームよりご登録ください。  

“真実の世界はいつも優しい”
ビジネス x スピリチュアル 調和への道
メルマガ読者登録フォーム 

お名前
 
メールアドレス
受信形式
 HTMLメール
 文字メール
 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)